クレジットカードの利用方法について

クレジットカードの利用方法を説明します

  • 9月 5

    私はクレジットカードを大学生の2年生の時から持っています。クレジットカードは本当に便利ですが、大学生として注意するときもあります。例えば、大学生としてはちゃんと大事な物だけ買いたい場合は、使っても構いません。クレジットカードで、普通に現金で買えないものを購入するために使います。例えば、オンラインショップのアマゾンで、何か買おうとするなら、非常に役立ちます。そして、私は留学生として、母国行きのチケットは普通に、銀行口座の振込みやコンビニでのお支払いはできないため、クレジットカードを当時使わないといけません。クレジットカードで、ポイントもたまるだし、お金の節約もできます。あるクレジットカードもキャッシングの機能も使えるから、学生としてはその機能はあまり重要ではありませんが、現金が非常に必要な場合は、必要になるかもしれません。学生用のクレジットカードもいくつかありますし、しかも年会費も一般的に無料です。そして、クレジットカードを持っていると、社会人のような感じがして、お金を大事に使うという自己責任も感じてきました。学生としては、クレジットカードを持って使うと、お金の大切さ、そして、お金の管理も自分の勉強になると私が思います。

  • 9月 5

    JALやANAなどの飛行機に搭乗する時にマイルが貯まりますが、国内線だとある程度の回数乗らないと

    なかなかマイルが貯まりません。マイルの貯め方には、飛行機への搭乗以外にクレジットカードを利用してマイルを貯める技があります。

    マイルの貯めやすさならJALカードやANAカードがおすすめです。

  • 9月 5

    クレジットカードといえば、今ではどなたでも最低一枚はもっておられると思います。
    現金をもたずに買い物ができ、またキャッシング枠を利用すればお金も借りることができます。
    また最近ではインターネットでの買い物を利用することが増え、そのための決済には
    クレジットカードがかかせません。
    しかし、この便利なクレジットカード。何も知らずに安易に使うと怖い落とし穴があるのは
    ご存知でしょうか?

    まず、クレジットカードでは支払い方法がリボ払いの場合が多くあります。
    このリボ払いという返済方法は実は私たち利用者にはメリットよりもデメリットの方が大きいのです。
    クレジットカード会社のリボ払い説明は、毎月の返済金額が一定なので無理なく返済できると
    メリットのみを宣伝していますが、、実はこれは盲点なのです。
    毎月の支払い金額がいくら借りても一定ということは支払い回数は当然長くなりますよね?
    そうなると、当たり前ですが、返済金額に付く利子の回数も一緒に増えてしまうわけです。
    つまり毎月の返済金額が一定でも、支払い総額はグンと増えてしまいます。

    クレジットカードを利用するときは、リボ払い専用カードはやめましょう。
    そして支払い方法も、一括もしくは二回までの分割払いにすることをオススメいたします。

  • 9月 5

    クレジットカードを使ってみて一番便利だと思ったことは、やはり海外から色々なものを購入することができるようになったところでしょう。
    これからは海外からの輸入というものが生活を便利にするための手段としてもっとも注目を集める時代です。例えば日本国内において販売されている商品が、海外からの輸入だと関税をとられたとしてもかなり安い価格になるということがわかっており、そのためこれらの輸入の利便性は極めて高度であるということがわかります。
    そしてまたただ安いのではなく、日本では手に入らないような商品も手に入るという利点も無視することはできません。日本では色々な商品が販売されていますが、これが海外だとかなり沢山の種類に増加し、日本で1種類しか売られていないようなタイプの商品が海外からの輸入ならば無数に選択できることがあるのです。
    クレジットカードはそうした海外からの輸入をするための送金の手段として、一番便利な道具です。これを使えば国内でも海外でも支払いが可能になりますから、お金を払うときの道具としてはもっとも優秀なものと言えます。
    日本で生活していて円しか使わない状態でも、クレジットカードは世界中のあらゆる通貨として支払うことができますから、この利点を生かさない手はありません。